スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<カーネーション>新品種名は「花恋ルージュ」、病気に強く(毎日新聞)

 細菌に強い新しい品種のカーネーションを、農業・食品産業技術総合研究機構「花(か)き研究所」(茨城県つくば市)が開発し、「花恋(かれん)ルージュ」と名付けた。病気に負けない「枯れん」と「可憐(かれん)さ」をかけ、誰からも愛される花に、との願いが込められている。

 カーネーションには「萎凋(いしゅう)細菌病」と呼ばれる病気がある。発生すると数百本以上がまとまって枯れるため、園芸農家の悩みの種になっていた。

 研究所は90年ごろ、野生のカーネーションの一種がこの病気にかからないことを見つけた。しかし花が直径1~2センチと小さく、園芸には向かなかった。

 そこで、この野生種を園芸用の美しい品種と交配、5世代約20年をかけて深紅の「花恋ルージュ」を作った。細菌を根につけて試すと、他の品種は87~97%が発病したが、花恋の発病率は約7%だった。

 新品種は来年、種苗業者に配布された後、一般農家で栽培され、13年の母の日には市場に並ぶ見通しだ。【高木昭午】

【関連ニュース】
カーネーション:銀座のビルに3000本展示 日本生産100年を記念
カーネーション:母の日ピンチ 日照不足で開花遅れ 金沢花市場、出荷2割減 /石川
ぐるっと秋田:横手湯沢特集 母の日に鉢植えサクランボ 湯沢の農家取り組み /秋田
香川県農業試験場野菜・花き部門 /四国
近江風物詩2010:アンスリウム(東近江市) /滋賀

県外移設断念やむを得ない=「沖縄県民におわびを」-民主・渡部氏(時事通信)
本家・具だくさん「中華系ラー油」が人気 横浜中華街(産経新聞)
<雑記帳>大好評「商店街スゴロク」 秋田(毎日新聞)
<口蹄疫>農家に支援策 農相発表(毎日新聞)
<雑記帳>保存食「鮨鮒」 140年ぶりに復活 長野(毎日新聞)
スポンサーサイト

トレーラーのタイヤ脱落し炎上 阪神高速守口線(産経新聞)

 20日午前10時40分ごろ、大阪府守口市外島町の阪神高速守口線下りで、走行中の大型トレーラーの後輪のタイヤが脱落し、道路脇の路肩付近で炎上した。

 府警高速隊によると、外れたのは後輪右側のダブルタイヤ(直径約1メートル、幅約60センチ)1組で、約10分後に消し止められ、けが人はなかったが、現場付近は一時通行止めになった。

 高速隊はトラックの男性運転手(46)から整備状況を聴いている。

【関連記事】
送迎バス炎上 交差点で体調急変…蛇行運転30秒
山陽道で郵便トラックが炎上 前輪から煙、停車後に
広島の山陽道で郵便トラック炎上 大分→名古屋の途中
首都高湾岸線でトレーラー炎上 けが人はなし
首都高の悲惨な事故 なぜ繰り返されるのか

「徳之島」白紙撤回を…鹿児島関係の国会議員(読売新聞)
馬毛島に米軍訓練移転=沖縄負担軽減へ政府検討(時事通信)
「警官と鬼ごっこしたい」…少年ら交番に生卵(読売新聞)
テレ朝「お願い!ランキング」で規格違う商品販売(産経新聞)
園田氏「郵政民営化は守る」(産経新聞)

「大阪都」どうなる?…19日に橋下知事が新党(読売新聞)

 大阪府の橋下徹知事が代表になり、府議や大阪、堺両市議が結集する地域政党「大阪維新の会」が19日、発足する。

 府と大阪市などを再編する「大阪都構想」の実現を掲げ、来春の統一地方選で各議会の過半数獲得を目指す。構想を巡っては、無駄な二重行政が一掃されるという期待の一方、解体される同市などの反発は根強い。また、都制移行後の住民サービスの具体像も不透明で、新党への共感が広がるかは未知数だ。

 ◇一本化 

 橋下知事が都構想を打ち上げたのは1月。大阪市内で開いた同月16日の後援会パーティーでは、「強い大阪をつくるには指揮官は1人でいい」と府市再編による「大阪再生」を訴えた。

 構想では、府域全体を大阪都とし、東京都と23特別区をモデルに、政令市の大阪、堺両市を解体して周辺9市とともに計20の特別区に再編。インフラ整備や大学、病院など、府と大阪市などで重複する行政サービスを都に一本化し、機能強化を図るという。

 背景には、府と同規模の権限や財源を持つ大阪市とがうまく住み分けられず、ベイエリア開発などで競い合う現状への橋下知事のいら立ちがある。

 今月15日夜に橋下知事から構想の説明を受けた原口総務相は、「大きな府県の中に大きな市があり、別々の方向を向いている時に統一的な発展はできない。橋下知事は『ワン大阪』で頑張っている」と評価した。

 ◇格 差 

 橋下知事は1日の記者会見で、「東京23区のサービスを見てほしい。(区によって)中学生までの医療費無料や給食をやっている」とメリットを強調した。

 東京23区では、通常は市町村の収入となる固定資産税など3税の課税権を都が握り、うち55%分を財政力に応じて各区に配分。だが、財源を奪われる区側の不満は大きい。

 大企業の本社が集中しながら、人口減少で配分額が減った千代田区が一時、都から独立する「千代田市」構想を打ち出したこともある。区間の格差も目立ち、ある区の担当者は「都制度は不平等だ」と話す。

 大阪都への移行で特別区に〈格下げ〉される吹田市の担当者は「自主財源が減れば、きめ細かい住民サービスができなくなる」と懸念する。8特別区に分割される大阪市では、区議が現在の市議の3倍に増えるとされ、余計に経費がかかるという可能性もある。

 ◇特別法 

 都制移行は、地方自治法に規定がないため、国が特別法を制定し、住民投票で過半数を得るなど複雑な手続きが必要になる。また、大阪市の平松邦夫市長は「大阪都がすべての問題を解決するように言うのはおかしい」と批判しており、実現への道のりは険しい。

 橋下知事は新党結成を間近に控えた16日、「闘う基盤はとりあえずできた。これからが勝負」と語った。5月の大阪市議補選で候補者を擁立する予定で、論戦が本格化しそうだ。

時効撤廃・延長法案が参院通過=5月中に成立、施行へ(時事通信)
【大人の社会見学】造幣局 ハイテク機械と秘蔵貨幣にため息(産経新聞)
職場をカメラで監視=複数の執行官が関与-青森地裁(時事通信)
<カンヌ映画祭>北野武監督の新作出品(毎日新聞)
「日本で働く韓国人ホステスの方が金使う」韓国人ホストクラブ摘発(産経新聞)

障害者施設、6割が利用再開=自立支援法施行で調査-厚労省(時事通信)

 厚生労働省は16日、2006年の障害者自立支援法施行で自己負担を求められ福祉サービスの利用を中断した人に関する追跡調査結果をまとめた。06年3月から10月にかけて負担増を理由に障害者施設(入所・通所)の利用をやめた人は1172人だったが、昨年末にはこのうち63%に当たる569人がサービス利用を再開した。
 同省は調査結果について「当初原則1割としていた自己負担を2度軽減した影響でサービス利用を再開できたのでは」とみている。
 一方、障害者施設の利用を再開せず自宅で生活している人は236人。このうち35人が利用再開を希望し、市区町村と相談しているという。
 鳩山政権は、低所得者の福祉サービス利用費を今年4月から無料にしている。また、長妻昭厚労相は障害者自立支援法を「利用者の意見を十分踏まえていない」と批判、13年8月までに廃止して新たな仕組みに移行する意向を表明している。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

奈良公園“矢ジカ”殺し、三重の39歳男逮捕 別のシカも狙う?(産経新聞)
高校生の就職内定率 宮城は低迷、60%台 1月末現在(河北新報)
帆船「あこがれ」で上海万博へ 大阪市、親善大使の高校生募集(産経新聞)
42歳女性、市営住宅で変死=頭に傷、事件の可能性-名古屋(時事通信)
村本さん死亡「大変遺憾」=タイ騒乱、沈静化に努力を-鳩山首相(時事通信)

「母親は偉大」…「育休」中の東京・文京区長(読売新聞)

 長男誕生に伴い、地方自治体の首長としては異例の「育休」を取得している東京都文京区の成沢広修(ひろのぶ)区長(44)が8日、区議会特別委員会への出席のため、5日ぶりに登庁、育児の楽しさについて、「朝から夜まで一緒にいると、その時々の表情に変化がある。眠いとか、おむつ替えてほしいとか……」と相好を崩して語った。

 「育児のつらさも楽しさも感じたい」と3日から育休に入った成沢区長はこの日、区の将来像などを示す「新たなる基本構想」を審議する特別委に出席。終了後は、区長室にこもり、たまっていた決裁などを処理し、再び育休に戻った。

 休暇中の過ごし方について、「自宅で子どもをあやしたり、炊事、洗濯をして過ごしている。生後2か月で6400グラムになり、だっこすると背筋が痛い」と育児の大変さも実感。「母親は偉大。おっぱいを飲ませるとすぐ泣きやむから」

 また、赤ちゃんを連れて外出することもあるといい、「バギー(乳母車)で外を歩くと、子どもがむち打ちになるんじゃないかと思うほど、国道と都道がつぎはぎだらけ。育児をして初めて、舗装が悪いことに気づかされた」と語った。

 自宅は区役所から徒歩10分程度にあり、「何かあっても素早く対応できる」と、危機管理上、問題がないことを強調した。成沢区長は15日まで育休を続ける。

フィギュア 高橋大輔選手が地元・岡山でパレード(毎日新聞)
<B型肝炎訴訟>原告が抗議行動…厚労相面談拒否で(毎日新聞)
<自民党>鴻池元副長官、新党に参加せず(毎日新聞)
亀井氏 平沼・与謝野新党に「政策逆の2人が組んでキョトン」(産経新聞)
飲酒運転3人死傷、車の所有者を書類送検(読売新聞)

<ソメイヨシノ>東京で満開…平年より4日早く(毎日新聞)

 気象庁は1日、東京の桜(ソメイヨシノ)が満開になったと発表した。平年より4日早く、昨年より1日早い。3月22日の開花から10日で満開となった。

【関連写真特集】写真で見る各地のさくら便り2010

 満開は「標本木」で8割以上が開花した状態を指す。気象庁職員が1日午後2時ごろ、千代田区の靖国神社境内にある標本木を確認したところ、約9割が開花していた。前日は6割程度の開花だったが、1日は東京の最高気温が4月下旬並みの20.7度まで上がり、一気に開花が進んだ。

 2日は雨の見込みだが、週末は天気が回復し花見日和になりそうだ。【飯田和樹】

【関連ニュース】
【関連写真特集】写真で見る花見今昔 飲めや歌えは連綿と
<関連写真特集>毎日植物園・春 サクラ、モモ、チューリップも
<特集>さくら情報はこちらで 投稿も募集中
特集ワイド:命に気づく「弁当の日」 人と人+人と自然+体と心

<水害>荒川決壊で121万世帯停電 中央防災会議が報告書(毎日新聞)
介護福祉士の在留資格検討=歯科医師らの就労制限撤廃-出入国計画(時事通信)
時効2日前に女性暴行の男を起訴 DNA鑑定で発覚(産経新聞)
東西線で男性突き落とし、60歳男現行犯逮捕(読売新聞)
国内2例目のロタウイルス胃腸炎の予防ワクチンを承認申請―万有製薬(医療介護CBニュース)

環境保護や人道支援に貢献 「地球倫理推進賞」贈呈式(産経新聞)

 地道な活動を通じて環境保護や人道支援などに貢献している団体を顕彰する「第13回地球倫理推進賞」(社団法人倫理研究所主催、産経新聞社、文部科学省など後援)の国内部門に「NPO法人 グリーンウッド自然体験教育センター」(長野県泰阜村、梶さち子代表)、国際部門に「NPO法人 熱帯森林保護団体」(南研子代表)が選ばれ28日、東京都千代田区の倫理文化センターで賞状と活動助成金100万円の贈呈式が行われた。

 「グリーンウッド」は平成5年、子供たちが「地域に根ざした暮らしから学ぶ場」を創ることを目的に設立。村民の協力を得て、全国の子供たちの“山村留学”を実践している。

 「熱帯森林」は平成元年、アマゾンの熱帯林や先住民の保護を目指して発足し、自然保護や先住民の子供たちへの識字教育に尽力した。また、7集落の学校建設に寄与した。

 式後の講演で、梶氏は「自分たちの暮らしは自分たちで創るという理念で活動を続けてきた。今後も、地元の文化を継承したい」と述べ、南氏は「現地にはガス、水道、電気、文字もないが、自殺もいじめも差別もない。こうした無形のものを学んだ」と報告した。

【関連記事】
クロマグロ取引禁止案否決 正式承認 ワシントン条約会議が閉幕
エコと妖怪がテーマ…樽屋タカシ氏の世界観とは
中国、河川の水質改善が急務 旭化成ケミカルズが啓蒙活動
ハイチ支援、要請の半分 国連が日本の追加に期待
ハイチPKOの日韓中比較でみる「援助と戦略」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<高校無償化法>成立、4月1日から施行 朝鮮学校は先送り(毎日新聞)
麻薬密輸罪の邦人、中国が近く死刑執行と通告(読売新聞)
自民・大島幹事長、舛添氏に参院選へ協力要請(読売新聞)
<島根原発>1号機の手動停止作業始める 点検漏れで(毎日新聞)
フリー、ネット記者10人が出席=内閣記者会が開放-首相会見(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。